参政党

たみやけんじ

プロフィール

ご挨拶

たみやけんじ

「三世代の笑顔、心躍る三田市」

私は、平成11年に尼崎市より三田市へ転居して参りました。当時はニュータウン開発も行われ、人口増加率も高く、とても勢いのあるまちと感じていました。 平成13年に三田市職員採用試験(現業職員)の募集があり、試験の結果、縁あって平成14年採用となり、クリーンセンターへの配属となりました。

私は、業務を通じて行政に対し、様々な疑問を抱くようになりました。また、組合活動にも取り組んでいましたが、組合の市当局に対する取り組み姿勢にも疑問を抱くようになりました。

少子高齢化を迎えるにあたって、市当局も組合も建設的で将来を見据えた協議を行うべきであり、他の自治体よりも三田市独自の政策を持って自治体運営を行うべきかと考えます。
公務員生活において、一職員としての言動には限界があると痛感した私は、平成26年12月26日付にて辞職、1月より政治活動を始めました。

私たち世代の社会よりも、少しでも良い社会、子どもたちはもちろん、おじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さんの三世代の笑顔、心躍る三田市を目指して全力で取り組んで参ります。

なにとぞ、ご支援のほど、よろしくお願い申しあげます。

三田市議会議員たみやけんじ

経歴

兵庫県立武庫工業高等学校卒。
民間企業において幾度かの転職。飲食関係、建築現場作業からリフォーム営業等を経験。
平成14年 三田市職員(現業職)として採用
平成26年 行政職への任用換え(係長職)同年12月 辞職
平成24年 維新政治塾 第1期生 修了
平成27年 7月三田市議会議員補欠選挙 当選(1期目)

所属団体

  • 三田市小野区 体育振興委員(平成15年~25年)
  • 三田市立小野小学校園 PTA 同和推進部長 副会長等(平成15年~20年)
  • 三田市消防団第4分団に所属(平成15年~26年)
  • 三田市少年野球チーム 小野松風ホープ C監督 B・Aヘッドコーチ(平成18年~22年)
  • 全日本少年硬式野球連盟 三田ヤング第9期生父母会長(平成23年~25年)

所属団体

参政党

『既存の政党政治では、日本が日本ではなくなってしまう』という危機感をもった有志が集まり、ゼロからつくった政治団体が参政党です。
現職議員も出資者も支持者もいない本当にゼロ地点から志だけでスタートし、YouTubeでその想いを伝えて仲間を募り、1年の準備期間を経て結党した団体です。
参政党は政治にかかわる団体なので制度に則り「政党」として作りましたが、その実態は日本を良くする筋道や方法を考える「シンクタンク」であり、広く社会運動をしていくための「サークル」です。

家族構成

家族写真
  • ど天然な妻 同居
  • 性格が私に似てしまった一女(お笑いコンビかまいたちの山内さんと俳優の阿部サダヲさんをブレンドした旦那と既に家庭を持ち、2歳と6か月の男の子二人の母)
  • お笑い系だが怒らせるとちょっと大変・・・二女 同居
  • 調子乗りのお笑い系でまだまだ世間知らずの一男 同居
  • カニ―ヘンっぽいミニチュアダックスフンドで16歳のお婆ちゃん犬 同居

「たみや けんじ」の三田愛!

尼崎で育った私が三田にきて23年。
まんが日本昔ばなしに出てきそうな山々に囲まれた小野地区へ初夏に移り住み、むかえた初めての冬。
寒いと聞いていたがそれ以上?!
夜中に布団から出ていた手足。
「ん?痛い?!・・・・・やっぱり痛い!!」
そうです。寒いんじゃなくて痛いんです(笑)

三田

初めての冬を超え、四季を三田で過ごすと、すっかり都会が落ち着かなくなりました。
車の渋滞は多く、空気も良くない。三田だと渋滞はないし、空気は良い。
仕事で都会に行くと早く三田に帰りたいと思いながら仕事をしていたものです。
三田は自然に囲まれていますから、見たことのないような虫に遭遇しますが、不思議なことに尼崎にはいた奴には会わないんです。
あの黒い・・・・奴です。
そうなんです。ゴキブリとは久しくお会いしておりません。
自然豊かで、大阪へも神戸へもアクセスが良く、ゴキブリと遭遇しないなんて天国じゃないですか(笑)

三田

住むにはもってこいの三田ですが、人口は減少傾向。
輝きが弱まった感じのする三田ですが教育や観光、産業でも秘めた可能性はまだまだあるはず。
自然に囲まれながら、「人生を楽しむ最適なまち」、まさに心躍るまちづくり!を目指して三田を盛り上げたい!!

議員実績

議員実績
びん回収方法の見直し
びんポスト⇒指定袋での回収
医師不足解消にむけて
医師修学資金貸与制度条例の制定