参政党

たみやけんじ

コワーキングの提案

コワーキングって?

コワーキングとは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら
独立した仕事を行う共働ワークスタイルのことをいいます。

コワーキングって?

なぜ「コワーキング」が必要?

なぜ「コワーキング」が必要?

昔と違い、インターネット社会へと時代は移り変わってきています。
今はパソコンと通信環境さえ整っていれば、会社に出社しなくても仕事ができる時代です。
出社しなければ通勤時間がなくなり、時間に余裕が生まれます。
これまで時間に追われ、ただ働く毎日だったのが、コワーキングスペースで仕事をすることで従来の仕事をこなしながら、通勤に使っていた時間を趣味や、または家族との時間として楽しめます。
つまり、ワークライフバランスを見直すためにコワーキングスペースは必要なんです。

どんな方の役に立つの?

起業を予定している方や、フリーランスの方、在宅勤務の方はもちろん、
出張で来られた方などにも働くための環境をサポートします。

なぜ三田に「コワーキング」?

三田市には大阪や神戸に通勤されている方が多くおられます。
このコロナ禍の影響で、テレワーク対応の企業が多く、市内でも在宅勤務の方が増えています。

三田市は大阪や神戸から1時間から2時間圏内の宿泊観光や日帰り観光のできる場所(マイクロツーリズム)として絶好の場所です。
市内在住の方へも、マイクロツーリズムで来られた方も気兼ねなく仕事ができる環境のコワーキングスペースがあれば、きっと三田市の大きな魅力になってきます。
神戸市の078保育園のようにコワーキングスペース+保育スペースが用意できれば「子育てするならゼッタイ三田!!」の復活にもつながります。

このコロナ禍で新しいニーズが生まれ、三田には大きなチャンスだと思います。
まずは、ウッディタウンやフラワータウン、カルチャータウンからはじめ、農村部ではシェアビレッジと組み合わせたコワーキングスペースができればと思います。

決して一人で出来るものではありませんので、企画立案、ちょっとしたお手伝いなど、また、応援だけでも構いません。
この夢物語にご賛同いただける方、ご興味がある方はサポーター登録をお願い致します。
サポーター登録いただいた方へは進捗状況を随時報告し、この夢物語が現実となりました時には優先的にご案内させていただきます。

ぜひともサポーター登録をお願い致します。

どこに「コワーキング」をつくる?

立地的には駅前が一番ニーズのある場所かと思います。
ただ、住宅地の中や商店街、大型商業施設など可能性はあらゆる場所に感じられます。

なぜ三田に「コワーキング」?